よくあるご質問

仏壇・仏具

各宗旨宗派のお仏壇・仏具をご用意しております。ご先祖様から代々受け継がれたお仏壇の修復、リフォームもおまかせください。

お仏壇の種類について

忌明け法要までに お仏壇の準備

仏壇は、できれば法要までに準備するのが一般的ですが、それまでに準備できない場合は、命日やお盆、彼岸を目安に準備しましょう。 ※ぱるむ案内センターでは、提携仏壇店のご紹介もしておりますので、ご相談ください。
 
現代仏壇 組合員割引サービスあり

■唐木(からき)仏壇

紫檀(したん)、黒檀(こくたん)や、桑、欅(けやき)、桜などの素材を使用します。木の風合いが、温かな印象を与えます。

■上置(うわおき)仏壇

省スペースに優れたお仏壇です。設置場所には、タンスの上や、仏間(下部分が収納スペースになっているもの)の上に置きます。

■金(きん)仏壇

素材には杉、桧、松などが使われています。漆で塗り上げ、金箔を施し彩色したお仏壇です。比較的大型のものが多くあります。

■家具調(かぐちょう)仏壇

現代的な住まいに合わせた、モダンなつくりのお仏壇です。家具感覚で使う事ができ、洋間や洋風家具のお部屋でも、その雰囲気に溶け込みます。


葬儀終了後お早めに 本位牌の準備

忌明けまでに本位牌を準備します。
「ぱるむ」ではさまざまな位牌を用意しています。ご相談ください。
※宗教・宗派により位牌が必要ない場合もあります。

お位牌は、亡くなられた方の人格を象徴するもので、その人の霊をおまつりします(真宗では用いません)。白木の位牌は、忌明けの法事まで新仏の祭壇でおまつりし、本位牌は、亡くなられた方の宗教的地位をあらわす戒名を書いておまつりします。お位牌には、お一人またはお二人以上をおまつりする板位牌と、多数の方々をおまつりする繰り出し位牌があります。繰り出し位牌は、戒名や法名(真宗は法名といいます)を書く板が何枚もおさめられ、位牌と過去帳の折衷様式として考案されたものです。そのため真宗でも地方によっては使われており、形式的には位牌に似ていますが本質的には過去帳と同じです。地方またはご先祖の位牌がたくさんある場合、繰り出し位牌にまとめるという使われ方もあるようです。

※各種・各寸法ございます。

<お位牌を求める時の注意点>
お位牌をお求めになる時は、亡くなった方の戒名(法名)・お年・お名前・亡くなられた日付をお知らせ下さい。ご先祖のお位牌がある場合はその寸法を計られた上、一人付けになさるかご夫婦の二人付のお位牌になさるかを決められてご注文ください。


提携仏壇・仏具会社

※直接店舗に行かれるときは、組合員と解るものをご持参下さい。
株式会社滝本仏光堂 守口市梅園町2-22
冨田仏升堂 大阪市住之江区粉浜2-6-2
有限会社すみれ堂 茨木市春日丘1-1-24
エキスポロードNAVIU2階
ギャラリーメモリア本町店 大阪市中央区北久宝寺町4-2-10
ギャラリーメモリア梅田店 大阪市北区芝田1-8-15

このページのトップへ


ホーム | 費用について | ホールのご案内 | お仏壇・仏具 | お香典返し・返礼品 | 墓石・霊園 | よくあるご質問
個人情報保護方針
【お葬儀の受付・ご相談】
ぱるむ案内センター 9:00〜18:00(18:00〜翌朝9:00まではお葬儀の受付のみ)
〒534-0024 大阪市都島区東野田町1-5-26 パルコープ本部事務所 6階

「ぱるむ」という名称は、この3つの語句(フランス語)の頭文字を組み合わせた造語です。
悲しみを癒す・・・そんな決意を、夜が明けた空の向こうから差し込む光に託して名づけました。




Copyright (C) 2014 palum All rights reserved